監修:榊原白鳳病院 神経内科 診療顧問 目崎高広先生 痙性斜頸 自分の意思とは無関係に首が曲がったり、傾いたりして元に戻らない。戻そうとすると首や肩に痛みを感じることがある。自然に治る病気ではありません。一人で悩まずに専門医に診てもらいましょう。

ホーム > どんな病気ですか? > 痙性斜頸とは

どんな病気ですか? 痙性斜頸とは

疾患について

痙性斜頸は、首や肩の周りの筋肉が異常に緊張することによって、頭の位置が正常ではなくなってしまう病気です。多くの場合は、他の症状が認められない痙性斜頸(原発性)ですが、脳性麻痺や向精神薬などの薬物使用によっておこる痙性斜頸(薬物性)もあります。
痙性斜頸は脳内の運動を抑制するシステムが機能障害を起こすことによって生じると考えられています。 なお、患者さん自身の問題として、外見が他人と違ってしまっているために、周囲に対して引け目を感じ、気後れするといった心理的な問題を起こしてしまうこともあります。

症状について

痙性斜頸の患者さんでは、首や肩の周りにある筋肉に強い緊張が見られ、頭の位置が正常とは違っています。
姿勢は患者さんによって違いますが、頭(首)が回ってしまっている・横に傾いている・前や後ろに傾いている症状や、肩が上がっている、体が横にねじれているなど、様々な症状が組み合わさった形で現れます。また、首振りなどの異常な動きを合併する場合もあります。頭の位置が正常とは違ったまま固っている場合や、歩く時や精神的なストレスかかったときだけ頭の位置がかわってしまう場合など、さまざまです。
なお、首が動きにくいだけで頭の位置が正常な場合や、首の痛みしか症状がない場合もあります。

↑

症状チェック

痙性斜頸とは